大倉山ジョイフルコンサート 長尾春花&實川風 デュオリサイタル

今日は大倉山ジョイコン(ジョイフルコンサート)の5周年記念特別演奏会に招待された。月日の経つのは早いもので、もう5年か。最初の数回は聴き逃したので、第一回目の大倉山カルテットの演奏は聴けなかった。大倉山カルテットは常設のカルテットではなく、大倉山ジョイコンを記念するシンボルだ。4回目の登場。バイオリンの對馬哲男、ビオラの鈴村大樹 以外は演奏会によりメンバーが替わっている。 大変贅沢な日曜の午後からの晩餐会。 今日のメニューの前菜はモーツアルト 弦楽四重奏曲第15番 ニ短調 K.421オードブルはウエーベルン 弦楽四重奏のための緩徐楽章メインデイッシュはチャイコフスキー 弦楽四重奏曲第一番 ニ長調 Op.11 いずれもロマン的な情緒の濃い名曲だ。プログラム選曲がなかなかだ。 演奏のつたない感想としては、常設のカルテットではない分を有り余るほど補って、演奏の喜び、楽しみが伝わってくるいい演奏だったと思う。大倉山記念会館の天井の高いホールに弦の響きが美しく、鮮明に鳴る。演奏者が、響きが巻き上がるようだと、ホールの感想を述べていたが、この演奏効果も演奏者の技量の賜物だと思う。 やはりトリのチャイコフスキーが一番面白く聴けた。アンダンテ・カンタービレがあまりに有名な割には、第一番を演奏会で聴く機会は少ないと思う。チャイコフスキー若書きの作品なので、チャイコフスキー節炸裂とはいかないが、素直なすっと心に入ってくるいい曲だと思った。 先が見えてきている年寄りには思いがけないほど贅沢な日曜日の午後だった。--------------------------------------------------------------------------------- 伝説のカルテット、ボロデイン弦楽四重奏団によるチャイコフスキーの弦楽四重奏曲 第一番です。第2楽章 アンダンテ・カンタービレは聴きどころ。  
大倉山カルテット(入魂のチャイコフスキー)

昨日は大倉山でヴィオラのリサイタルを聴いた。 大倉山ジョイコンでヴィオラのリサイタルは初めてのことではないだろうか。そのくらい、ヴァイオリン等と比べて地味な弦楽器と思われているが私の大好きな楽器、演奏が楽しみだ。 曲目は シベリウス ロンド JS162 グリンカ ヴィオラソナタ ヒンデミット 無伴奏ヴィオラソナタ 作品25-1 森円花 Aoide (2019年 田原綾子委嘱作品) ブルッフ ロマンス クラーク ヴィオラソナタ 演奏者は 田原綾子 ヴィオラ 原嶋唯 ピアノ伴奏 Aoideを作曲した森円花さんも会場にいらっしゃいました。 今回、初めて聴いた演奏家たちだったが、なかなか凄いなと思った。お目当てはヒンデミットだが、よく演奏される抒情性さえ感じる「ヴィオラとピアノのためのソナタ 作品11-4」ではなく今回、無調風な無伴奏ヴィオラソナタが選曲されたのが凄い。全5楽章の曲なので、演奏するほうも聴くほうも大変だ。この演奏でヴィオラ奏者でもあったヒンデミットの傑作であることがよくわかった。ここまで激しいヴィオラの響きを聴いたのは初めてだ。この演奏者はヴィオラ演奏の幅を広げて限界を超えようとしているなと感じた。やはり、後生畏るべし。 委嘱作品のAoideも小品ながら充実して、聴きごたえのある曲だった。アンコールの最後は森円花編曲による日本の唱歌「浜辺の歌」だった。年寄りにはうれしい曲だ。 演奏中の真剣な表情とは打って変わって、アンコール後は素敵な笑顔でした。
ヴィオラの魅力 ー 田原綾子 リサイタル