ヴィオラの魅力 ー 田原綾子 リサイタル

by

昨日は大倉山でヴィオラのリサイタルを聴いた。

大倉山ジョイコンでヴィオラのリサイタルは初めてのことではないだろうか。
そのくらい、ヴァイオリン等と比べて地味な弦楽器と思われているが私の大好きな楽器、演奏が楽しみだ。

曲目は

  • シベリウス ロンド JS162
  • グリンカ ヴィオラソナタ
  • ヒンデミット 無伴奏ヴィオラソナタ 作品25-1
  • 森円花 Aoide (2019年 田原綾子委嘱作品)
  • ブルッフ ロマンス
  • クラーク ヴィオラソナタ

演奏者は

  • 田原綾子 ヴィオラ
  • 原嶋唯 ピアノ伴奏

Aoideを作曲した森円花さんも会場にいらっしゃいました。

今回、初めて聴いた演奏家たちだったが、なかなか凄いなと思った。
お目当てはヒンデミットだが、よく演奏される抒情性さえ感じる「ヴィオラとピアノのためのソナタ 作品11-4」ではなく
今回、無調風な無伴奏ヴィオラソナタが選曲されたのが凄い。
全5楽章の曲なので、演奏するほうも聴くほうも大変だ。
この演奏でヴィオラ奏者でもあったヒンデミットの傑作であることがよくわかった。
ここまで激しいヴィオラの響きを聴いたのは初めてだ。
この演奏者はヴィオラ演奏の幅を広げて限界を超えようとしているなと感じた。
やはり、後生畏るべし。

委嘱作品のAoideも小品ながら充実して、聴きごたえのある曲だった。
アンコールの最後は森円花編曲による日本の唱歌「浜辺の歌」だった。年寄りにはうれしい曲だ。

演奏中の真剣な表情とは打って変わって、アンコール後は素敵な笑顔でした。

続きを読む...

大倉山カルテット(入魂のチャイコフスキー)

by

今日は大倉山ジョイコン(ジョイフルコンサート)の5周年記念特別演奏会に招待された。
月日の経つのは早いもので、もう5年か。
最初の数回は聴き逃したので、第一回目の大倉山カルテットの演奏は聴けなかった。
大倉山カルテットは常設のカルテットではなく、大倉山ジョイコンを記念するシンボルだ。4回目の登場。
バイオリンの對馬哲男、ビオラの鈴村大樹 以外は演奏会によりメンバーが替わっている。

大変贅沢な日曜の午後からの晩餐会。

今日のメニューの前菜は
モーツアルト 弦楽四重奏曲第15番 ニ短調 K.421
オードブルは
ウエーベルン 弦楽四重奏のための緩徐楽章
メインデイッシュは
チャイコフスキー 弦楽四重奏曲第一番 ニ長調 Op.11

いずれもロマン的な情緒の濃い名曲だ。プログラム選曲がなかなかだ。

演奏のつたない感想としては、
常設のカルテットではない分を有り余るほど補って、演奏の喜び、楽しみが伝わってくるいい演奏だったと思う。
大倉山記念会館の天井の高いホールに弦の響きが美しく、鮮明に鳴る。
演奏者が、響きが巻き上がるようだと、ホールの感想を述べていたが、この演奏効果も演奏者の技量の賜物だと思う。

やはりトリのチャイコフスキーが一番面白く聴けた。
アンダンテ・カンタービレがあまりに有名な割には、第一番を演奏会で聴く機会は少ないと思う。
チャイコフスキー若書きの作品なので、チャイコフスキー節炸裂とはいかないが、素直なすっと心に入ってくるいい曲だと思った。

先が見えてきている年寄りには思いがけないほど贅沢な日曜日の午後だった。
------------------------------------------------------------------------------------------------- 

伝説のカルテット、ボロデイン弦楽四重奏団によるチャイコフスキーの弦楽四重奏曲 第一番です。
第2楽章 アンダンテ・カンタービレは聴きどころ。

 

続きを読む...

モーツァルト 生誕260年

by

今年はモーツァルトの生誕260年目にあたる記念の年だ。
260年前に生まれて35歳で亡くなった若い音楽家の曲を、遠く離れた島国で聴くというのも不思議な気分がする。
若いころからモーツァルトはよく聴いたが、年を重ねるほどますますいい音楽に聴こえてくる。
これだけでも、年を取るというのは意外と悪くないな。

今宵はモーツァルト協会のピアノ協奏曲の夕べ。短調と長調のロンドとコンチェルトを並べたなかなかのプログラムだ。
ピアノ兼指揮のミシェル・ダルベルトを聴きのは初めてだが、フランスの至宝みたいな音楽家だそうだ。
コンクールの審査委員長も務めていたらしいが、こういう人がいると、ただ上手に弾くだけのピアニストではコンクールで優勝するのは難しそう。
なかなか滅多に聴けそうもないような、音楽性にあふれたいい演奏だった。音色も素晴らしい。
ロマン的な情緒にたけた演奏で、ショパンを思わせるモーツァルトだった。

東京フィルの演奏も最初は固い感じがしたが、後半のハ長調のコンチェルトは素晴らしかった。
会場で生誕260年の記念コースターを頂けて、最高に幸福な気分。

 

続きを読む...

真夏の午後のコンサート サカモト・キネン・オーケストラ

by

今年の夏もサカモト・キネン・オーケストラを鶴見のサルビアホールで聴いた。

サルビアホールは600名程度収容の中ホールで音の良いお気に入りのホールだ。

このオケは河上隆介指揮の2管編成のアマチュアオーケストラだが、去年はいい演奏を聴かせてくれた。

今回の曲目はベートベンの6番、田園とドボルザークの9番、新世界だ。

開演前には5名のオーケストラメンバーが浴衣姿で、木管5重奏曲を聴かせてくれる。本番が楽しみだ。

 

コンサートマスターは去年と同じ若いイケメンで、見覚えがあるメンバーもいるようで、少しずつ去年の記憶がよみがえった。

前半の田園が鳴り始めると、最初は浮き浮きとした解放されたような気分に浸れるような、なかなかいい出だしだと思って聴いていたが、

そのうち午後の気だるさが来たようで、途中はボンヤリで第四楽章の嵐の前あたりからやっとすっきりした気分で聴くことができた。

演奏時間は1時間ほどかかったようで、少し、長い演奏に感じた。

 

休憩を挟んでの後半の新世界からはオーケストラは全開、聴くほうも気分爽快。

前半の田園で木管を吹いていた娘が、後半ではヴァイオリンのセクションにいたりして、マルチだなあ。

ホールの残響時間があまり長くないのが良いのか、オーケストラの各パートの音がホール中央の客席にダイレクトに聴こえてくる。

コントラバスの音の響きが良く聴こえる。とても良いホールだ。オーケストラを堪能できる。

指揮者の腕とアマチュアオケのノリの良さも加わって、聴いているほうもワクワクしてくる。

ドボルザークの望郷の念が沸々とたぎってくる、切れのいいリズムで新世界アメリカの土着のメロデイーを刻む。

有名な第二楽章のオーボエのソロも絶品でした、弦のユニゾンもうっとりするようないい響きでした。

 

また来年も是非やってほしいですね。

 

 

 

続きを読む...

Ensemble Malts 3rd Concert 鶴見 サルビアホール

by

週末は久しぶりに鶴見のサルビアホールで木管五重奏曲を聴いてきた。

音楽ホールは100名収容の小ホールだが音響効果が素晴らしいのでお気に入りです。

今回は神奈川出身の腕利きの演奏者による木管五重奏だということで期待が高まります。

プログラムは

J.イベール:   小さな白いロバ

F.ダンツイ:    木管のための五重奏曲 ト短調 作品56の2

P.ヒンデミット: 5つの管楽器のための小室内音楽

-----------------------------------------------------------------

W.A.モーツアルト:キラキラ星変奏曲

A.ドボルザーク: 弦楽四重奏曲 第12番アメリカ 木管五重奏版

 

ダンツイの曲はアンサンブル・ウイーン・ベルリンのCDを持っていたので、コンサート前と後でCDを聴き直してみました。

実際にコンサートで曲を聴いた後の方が、はるかに面白くて楽しく聴けました。これもコンサート効果かな。

このホールで聴く木管、金管の響きはクリアなのにリッチでふくよかです。低音がホールに響き渡ります。

プレーヤー達の腕前が冴えてます。さすが神奈川の誇り。

今回のお目当ての曲はヒンデミットですが、20世紀を代表する音楽家の割にはオーケストラのコンサートにはあまりかからないのが不満です。

難解ではない現代曲で、たくさんの名曲を残してくれたのに。

僕らの世代の共通認識としては、かってのナチス・ドイツに頽廃音楽の烙印を押された音楽家として有名なんだけど。

初めてこの曲をコンサートで聴いたが、職人芸的な緻密さを備えた楽しい曲でした。

管楽器の扱いに思わずハットする箇所があって、この作曲家の非凡さを垣間見た気持ちになりました。

ドボルザークのアメリカを木管で聴くのは勿論初めてですが、ボヘミアンの香りが薄れてJAZZを感じるようで面白かった。

アンコールは上映中の音楽をテーマにした映画 マエストロからベートーベンの第五。映画も観たいな。

アンサンブル・モルツは今後も演奏会をやるそうなので楽しみです。

 

 

 

続きを読む...

大倉山ジョイフルコンサート 長尾春花&實川風 デュオリサイタル

by

奇数月の日曜日の午後、大倉山記念館ホールで開催されるコンサートを聴いてきた。

東横線の大倉山駅から線路沿いに坂道を上ると白亜の建物が見えてくる。

このホールで若手の実力派を招いて格式張らない、地元の音楽愛好家を楽しませる集いが行われている。

今日は春花さんと風(カオル)さんのヴァイオリンとピアノのデュオです。

前半はヴイターリのシャコンヌとブラームスの第2番のヴァイオリン・ソナタが演奏された。

私のお目当てはブラームスで、3曲あるソナタの中で特に2番が好きです。

中年男性の憂鬱感と切なさが相交じり、懐かしさを覚えるフレーズが垣間見えるような、熟年以上の男性には共感できる曲だと思います。

春花さんの演奏前の説明によると3曲の中で一番静かな曲だと言うことです。

若い女性ソリストが熟年男性の心理を理解できるのかしらなどと思ったりしました。

演奏が始まると納得できました。きれいなだけではなく肉付きと厚みのあるとてもいい弦の響きです。

繊細さと大胆さの両方を備えています。ドラマチックな演奏でした。

後半は小曲を集めたプログラムで、風さんのサポートも素晴らしくて、充実して満足できた、いいコンサートでした。

 

続きを読む...
このRSSフィードを購読