Rock64でVolumioとNAS(OMV)

Pine64のSBC、Rock64ボードを試してみた。
Pine64はクラウドファウンデイングで創業した、深圳にある中華ベンチャー企業だ。
ラズベリーパイの成功を目の当たりにして、続々といろんな企業がこのIOT関連分野に参入してきてるがその中でも注目してる。

Rock64はRaspberry Pi 3の強力なライバルになりそうで、ラズパイキラーと言われているらしい。
ラズパイ3と同じサイズのボードなので、今回ラズパイ用のケースを代用した。

Raspberry Pi 3 Model B+よりも高速なCPU搭載、USB3.0とUSB2.0ポート、フルGigabit(1000M) LAN、メモリは最大4GBのバージョンがある。
反面、Wi-FiとBluetoothはオプションになっているので、汎用性はラズパイに劣るかも。
外部端子はラズパイと同じ形状のGP-IO 40 PIN Pi-2 BusとI2S信号を含む独自の22 PIN  Pi P5+ Busを備えている。

ちなみにUnixBench 5.1.3でCPU回りの速度を計測してみたら結果のIndex Scoreは

Rock64: 883.7
Raspberry Pi 3 Model B+ : 745.5

となった。この結果を見ると2割程度速いのかな。

Volumio2が試験的にRock64ボードに対応したので動作して、ちゃんといい音がでるか試してみた。
volumio-2.390-2018-03-27-rock64

まずラズパイ3用のES9023 Pi-HAT DACを40PIN GP-IO BUSにドッキングして試してみたが、音が出なかった。
Rock64専用のES9023 HAT DACをPine64が出しているので、これはしょうがないか。

ここであきらめてはしょうがないので、手持ちのES9038Q2M DACボードをPi P5+ BusにI2S信号を結線してトライした。
見事音が出た。ちゃんといい音で。これなら今後が期待できそうだ。

但しNASにマウント接続しても、音楽ファイルが表示されなかったので、USBメモリやMicroSD内にコピーしたローカルなハイレゾ音楽ファイルを再生してみた。
NAS関連にはまだ問題があるのかも。

次にRock64をNASにしてみた。
OMV(Openmediavault)のRock64版が出てる。
OMVはインターネットブラウザで操作できるので比較的楽ができる。

 

 

NASの速度をWindows10で計ってみたが、読み書きとも最高で100M Byte/S程度出ている。これは速い。

 

結局Rock64はNASになりました。

 

 

最終修正日2018/06/21(木) 10:56
(0 件の投票)

コメントする

(*)で示された必須情報を入力したか確認して下さい。HTMLコードは許可されません。