Volumio2でNHK-FMを聴くには

カテゴリ: IT

Volumio 2 RC2はリリース版に向けて佳境に入ってきたようだ。
RC2は頻繁にアップデートしている。RC2の文字が消えてリリースされるのを楽しみにして待ちましょう。

メニューのシステムを選んで、システム設定で”更新のチェック”をクリックすると最新版にアップデートできる。

一覧表示タブを選んでウエッブラジオをクリックすると、登録された世界中のインターネットラジオ局を選んで聴ける。

登録されてないインターネットラジオ局を追加したい場合は、マイウエッブ放送局のメニューバーをクリックして
”ウエッブラジオの追加”を実行する。

Urlに以下のNHK FM 東京のストリーミング用m3uプレイリストを入力して保存するとNHK FM局が登録される。
http://netradiofmp-i.akamaihd.net/hls/live/200456/1-fm/1-fm-01.m3u8
拡張子の.m3u8はUTF-8文字コードの意味なので、間違いではない。
各地のNHK局のリストはここからダウンロードできる。

これでVolumio 2 でRaspberry Pi 3と専用I2S DACを使用して、高音質でNHK-FMを楽しめるはずだが、
残念ながらまだ完全ではない。しばらく再生するが、そのうち停止してしまう。
この問題はRC2の既知の問題点として挙がっているので、いずれ改善されると思うが。
まだしばらくは、あらかじめradikoolで.m4a形式で録音したファイルをVolumioで再生して楽しむか。

radikoolでNHK-FM 東京を48KHzの高音質で録音する方法が見つかったので紹介しておこう。
radikoolの標準設定では44.1KHzのCD並の音質に変換されて録音されるが、
設定変更するとインターネット放送の送り出し側と同じく48KbpsのAAC(m4a)で無変換で録音できる。
Radikoolで無劣化録音
放送録音されたファイルをI2S DACで再生すると、会場でマイクが拾った音がすべて聴こえてくるように思わえる。
実際に生で聴いた演奏会の録音を後で聴くと、当日の演奏会を彷彿とさせる。
これでNHK-FMは無限のハイレゾ音楽ソースとなる。

 

 

続きを読む...
このRSSフィードを購読