Volumio2でNHK-FMを聴くには

1 コメント IT

Volumio 2 RC2はリリース版に向けて佳境に入ってきたようだ。
RC2は頻繁にアップデートしている。RC2の文字が消えてリリースされるのを楽しみにして待ちましょう。

メニューのシステムを選んで、システム設定で”更新のチェック”をクリックすると最新版にアップデートできる。

一覧表示タブを選んでウエッブラジオをクリックすると、登録された世界中のインターネットラジオ局を選んで聴ける。

登録されてないインターネットラジオ局を追加したい場合は、マイウエッブ放送局のメニューバーをクリックして
”ウエッブラジオの追加”を実行する。

Urlに以下のNHK FM 東京のストリーミング用m3uプレイリストを入力して保存するとNHK FM局が登録される。
http://netradiofmp-i.akamaihd.net/hls/live/200456/1-fm/1-fm-01.m3u8
拡張子の.m3u8はUTF-8文字コードの意味なので、間違いではない。
各地のNHK局のリストはここからダウンロードできる。

これでVolumio 2 でRaspberry Pi 3と専用I2S DACを使用して、高音質でNHK-FMを楽しめるはずだが、
残念ながらまだ完全ではない。しばらく再生するが、そのうち停止してしまう。
この問題はRC2の既知の問題点として挙がっているので、いずれ改善されると思うが。
まだしばらくは、あらかじめradikoolで.m4a形式で録音したファイルをVolumioで再生して楽しむか。

radikoolでNHK-FM 東京を48KHzの高音質で録音する方法が見つかったので紹介しておこう。
radikoolの標準設定では44.1KHzのCD並の音質に変換されて録音されるが、
設定変更するとインターネット放送の送り出し側と同じく48KbpsのAAC(m4a)で無変換で録音できる。
Radikoolで無劣化録音
放送録音されたファイルをI2S DACで再生すると、会場でマイクが拾った音がすべて聴こえてくるように思わえる。
実際に生で聴いた演奏会の録音を後で聴くと、当日の演奏会を彷彿とさせる。
これでNHK-FMは無限のハイレゾ音楽ソースとなる。

 

 

最終修正日2016/09/19(月) 09:13
(0 件の投票)
タグ: :

1 コメント

  • ルチ
    ルチ 2016年11月14日(月)14:23 コメントリンク 報告

    48KbpsのAAC(m4a)で無変換で録音方法のくだりはわかるのですが、無限のハイレゾ音楽ソースとなるというところの意味がわかりません。48KbpsのAACがハイレゾですと言ってるように読み取れますが、そもそも48KbpsのAACはCD同等とも言えないレベルです。
    ハイレゾが聴き分けられていない自爆記事になってたらと思ったのでコメントです。
    という私も、まったく同じソースであれば、CDとハイレゾを聴き分けるのは、非常に困難説をとなえています。ハイレゾ音源で感嘆するときは、録音、マスタリングがそもそも優秀なことが多く、そんな良いソースであれは、レートの低い非可逆圧縮音源で聴いても良い感想を持つのは、しごく当たり前なことだと思っています。

コメントする

(*)で示された必須情報を入力したか確認して下さい。HTMLコードは許可されません。