ハイレゾ音楽OS Volumio2の設定と使い方

5 コメント IT

Volumio2の設定方法と使い方を少しまとめてみました。
Volumio2 RC2(0.928)をRaspberry Pi 3にI2S DAC SABRE ES9023を乗せて使用した場合ですが、ご参考までに。

まずVolumio2のイメージを書き込んだMicroSDをPiの裏面にあるカードスロットに写真の様な向きで奥まで差し込みます。


SABRE ES9023 I2S DAC基板をPiの40ピンGPIOに差し込んで重ねます。
GPIOは2列なので間違いのないように2列とも合わせて、ピンの前後も揃えます。
うっかりすると1列だけ差し込んだ状態になるので、ご用心。
ラズベリーパイ用Pibow 3ケースの底板2枚と上板を使ってPi+I2S DACを組み立てました。

事前の準備としてPi用の電源の容量が重要です。
Pi 3は5V/2.5A以上の電源を推奨しています。実際に5V/2Aクラスの電源だと動作しないか、動作が不安定になりますのでご注意。

Piの電源を入れると45秒ほどでVolumioが正常に起動すると、適切に設定されて接続されたスピーカーやイヤホンから起動音が鳴ります。
VolumioはヘッドレスのOSなので本体のPiでは操作しません。操作はすべて、同じネットワーク上にあるPCやスマホのブラウザでリモコン操作します。
ブラウザのURL入力にvolumio.localとキー入力するか、これでアクセスできない場合は直接IPアドレスを入力します。
*Pi本体やPCからPuttyなどからSSH経由でvolumioにコマンドラインからログインする場合は
 ログインID:volumio パスワード:volumio を使用します。


スマホからの操作画面、右下に設定ボタン


PCからの操作画面、右上に設定ボタン

このようにVolumioは使用する環境に合わせて、最適になるように自動的に画面レイアウトを調整します。
設定ボタンをマウスで左クリック、或いはスマホの場合は指で設定ボタンをタップすると設定メニューが表示されます。

 VolumioのIPアドレスはルーターが自動的に割り付けるので、ルーターのデバイステーブルで確認します。
この環境ではvolumioのIPアドレスは 192.168.1.129となっていますが、使用する環境によって異なります。


それでは設定メニューで必要な設定を行います。
・マイミュージック
 使用する音楽ファイルのあるネットワークドライブを追加、設定します。

NASを使用しない場合はこの設定は不要です。
保存して再スキャンを押すとライブラリを更新します。

・プレイバックオプション
 オーデイオ出力を設定します。
 I2S DACをOnにしてDACを選択します。
 音量の正規化はOffにしないとHiFiにならないでしょう。
 保存して、再起動。
 

・外観
 言語と背景を設定します。

・ネットワーク
  有線LANとWiFiの設定をします。
  自動IPをOffにして固定IPを設定できるようになっていますが、まだ不安定で固定IPを設定して再起動すると
  Volumioが起動しなくなったりするので、まだ使用しないほうがよいでしょう。
 WiFiを設定した場合は、保存して電源オフにして、LANケーブルを外してから起動するとWiFiで接続できます。
 私の場合は、有線LANのほうが通信が安定するのでWiFiは使用していません。

・システム
 システムのバージョンと更新の設定。
 プレーヤー名を設定できるので、複数のVolumioの識別に便利です。

 ・シャットダウン
 電源オフするか再起動するかを選択できます。
 設定メニューで設定を変更後に、Volumioの動作が不安定になった場合は、電源オフ後に起動すると回復する場合があります。

Volumioの使い方を簡単に説明します。

・MicroSDに音楽ファイルをコピーする方法
 Volumioは最初の起動時にSDカードの領域をリサイズして、自動的にSDの空きエリアを利用可能にします。
 Windows PCからVolumioのIPアドレスに\\192.168.X.XXXなどと入力してネットワーク接続するとこのInternal storageにアクセスして音楽ファイルなどをコピーできます。

・操作方法
 音符マークの一覧表示を押してホームポジションに行くと、音楽ライブラリが選択できます。


 音楽ライブラリを押すと音楽ファイルのある全てのフォルダが表示されます。
 MicroSDのInternal Storageに音楽ファイルがあるとINTERNALフォルダが表示されます。
 INTERNAL、NASやUSBを押していくと下の階層が表示されて行きます。


右側のオプションボタンを押して、再生を押すとフォルダ内のすべての音楽ファイルが再生されます。

プレイバックタブで再生中の音楽をコントロールできます。
再生位置、音量、一時停止、再生トラックの前後を選択できます。

以上で簡単に説明しましたが、今後も内容を追加、変更していく予定です。

 

最終修正日2016/07/16(土) 08:56
(0 件の投票)

5 コメント

  • ichiro
    ichiro 2016年11月30日(水)09:35 コメントリンク 報告

    volumio2:V2.031の/etc/mpd.confを覗いてみましたが、samplerate_converterの項があるようです。
    アップサンプリングを指定すると、固定化されるので、私は使用してないため詳しくはありません。
    私の場合は、DBpowerampでCDをリッピングする時、ハイレゾ化を指定して88.2KHzのFLACファイルを生成しています。
    比較試聴すると、効果はあるようです。

  • class
    class 2016年11月28日(月)12:37 コメントリンク 報告

    教えてください。
    Volumio2にはアップサンプリングに関する設定がなくなったのでしょうか?
    当方、ハイレゾ音源がないのでアップサンプリングに期待して構築したのですが、
    本当にアップサンプリングされているのか確認の術が無く、
    本当にいい音になったのか、プラシーボ効果でいい音に聞こえているだけなのか
    判断できません。
    mpd.conf等をみてもGUIで設定できる項目以外に特にアップサンプリングに関する
    項目がなさそうだったので手詰まり状態です...

  • kuma
    kuma 2016年11月22日(火)19:44 コメントリンク 報告

    volumio2の設定に関して、参考にさせていただいています。
    当方もminさんがコメントされたのと同じ症状でした。
    ichiroさんのアドバイス通り、WiFi接続を止めて有線LAN接続に変更したら、NASのデータ更新等が以降問題なく動作するようになりました。有難うございました。大変助かりました。

  • ichiro
    ichiro 2016年08月16日(火)09:09 コメントリンク 報告

    現在の最新バージョンは0.976です。
    NASドライブがマウント済みにチェックされてるのを確認して、マイミュージックで再スキャンしてみたらどうでしょうか。
    現在の問題点として、WiFiで接続していると、Volumioが再起動されるとNASドライブがアンマウントされます。
    NASドライブの編集アイコンをピックして、保存するとマウントされて自動的に再スキャンを開始します。
    NASドライブのファイル共有の種類でcifs(samba)とnfsが選択できますのでNASの種類に合わせる必要があります。

  • min
    min 2016年08月15日(月)15:04 コメントリンク 報告

    volumio2のマイミュージック設定がうまくいきません。nasの設定はできますが
    一覧表示には既存のフォルダーはでますがnasのデレクトリーの内容が表示できません。
    何か設定のミスでしょうか

コメントする

(*)で示された必須情報を入力したか確認して下さい。HTMLコードは許可されません。