ODROID C1+ でハイレゾ音楽プレーヤー

1 コメント IT

HardKernel社から新型の廉価版SBC ODROID C1+が発売されたので、ハイレゾ音楽再生用OS RuneAudioをインストールして試してみた。

C1+はラズベリーパイ2の上位版として開発されたようで、

1.価格とサイズは同程度

2.4コア CPUは高速版、ギガビット有線LAN、eMMCとMicroSD(UHS-1互換)のストレイジ対応

3.更に純正オプションで本体とI2S BUS接続のDACボード HiFi Shield(旧バーブラウンのPCM5102内蔵)DACを同時発売

これこそ理想のハイレゾ・プレーヤーが安価に実現できるかなと期待してしまう。

I2S DACはUSBを介さずに、ボード間でダイレクトにマスタークロックを含めた7本の信号で接続。

所蔵のCD、1000枚以上をロスレスファイル形式FLACに変換して2TBのUSB HDDにハイレゾファイルも含めて保存してます。

この環境を使用して、CDプレーヤーを使わない究極のデイジタルオーデイオにチャレンジ。

PCM5102 DACは24Bit/192kHzのFLAC形式のハイレゾ音楽ファイルをリサンプリングせずに、ダイレクトにサンプリングでき、

32Bit/384kHzまでの性能があるのが凄い。

ODROID C1+本体とDAC基板の接続は親亀子亀方式で重ねるだけでOK、半田ごてや配線不要。

音楽再生サーバーOSとして今回RuneAudioを選択したのは特に深い理由はないが、RaspyFiから2つに分裂してVolumioと競争してるのに興味を持った。

RuneもVolumioもDSDやFLACなどに対応したピュアオーデイオマニア向けの専用Linuxデイストリビューションになっていて、インストールも比較的簡単です。

Runeは軽量級のArch Linuxベース。

実際にインストールして試聴してみたが、音は凄い。

ベールを1枚剥がしたような、クリアでフラットな音だ。

自作のデジタルアンプにONKYO D-302Eスピーカーをつないで鳴らしてみた。

低域もしっかり出るし、高域も繊細で美しい。

いままで、このスピーカーは中域がちょっと薄いかなと思っていたが、あまり気にならない。

できるだけダイレクトに信号を接続した成果なのか。

RuneAudioの操作はPCやスマホのWEBブラウザでLANアドレスを指定して行う方式なので、利便性もいいようだ。

時間がとれたらもっと詳しくインストールや設定方法、注意点などを説明したいと思ってます。

 

最終修正日2015/09/04(金) 16:22
(0 件の投票)

1 コメント

  • Joint Capsulitis
    Joint Capsulitis 2016年01月18日(月)02:18 コメントリンク 報告

    I loved as much as you will receive carried out
    right here. The sketch is tasteful, your authored
    subject matter stylish. nonetheless, you command get bought an impatience
    over that you wish be delivering the following. unwell unquestionably come more formerly
    again since exactly the same nearly a lot often inside case
    you shield this hike.

コメントする

(*)で示された必須情報を入力したか確認して下さい。HTMLコードは許可されません。