TDA8950 妖怪アンプ と くまもんアンプ

6 コメント オーディオ

2枚のTDA8950アンプキット基板と電源トランスをケースに収めて、2台のデジタルメインアンプを完成しました。

1台目のくまもんアンプはステレオ専用にしてBDプレーヤーの2CH アナログ音声出力に直結、

2台目の妖怪アンプはマルチチャンネルAVアンプのフロント出力に繋いで5.1サラウンドで楽しんでいます。

これで音質の異なる2系統のスピーカーで同じソースの音源を聴き比べて楽しめるぞ。

右側のCDの指揮者ホグウッドさんは去年都響を指揮する予定でしたが、病に倒れて亡くなられました。

以前にアナログアンプでこのモーツアルトの39番とプラハを聴いたときは、あまり面白く感じなかったのですが、

デジタルアンプで鳴らすと古楽器の音が明瞭になりとてもいい演奏に聴こえました。これもオーデイオの楽しみです。

 

 

最終修正日2015/03/25(水) 11:49
(0 件の投票)

6 コメント

コメントする

(*)で示された必須情報を入力したか確認して下さい。HTMLコードは許可されません。